エンジニアにおすすめの資格とは

エンジニアという仕事は必ずしも何らかの資格を取っていなければ働けないという訳ではなく、それよりも経験であったり実績が重視される場合が多い傾向があります。しかし、会社によっては資格を取ることによって給料アップや昇給に繋がるケースもあります。就職する分には必須とされることはありませんが、むしろ入社後に社内において必要になる傾向が伺えます。

おすすめの国家資格の一つは、IPA基本情報処理技術者試験です。この試験では情報処理についての基本的な知識が要求されるため、試験勉強をすることによってIT関連の基礎知識を体系的かつ網羅的に習得することが可能です。また、この試験に合格すればITエンジニアにとって重要な知識と能力をしっかり有していることの証明にもなりますので、IT志望の方におすすめな試験と言えるでしょう。

またこの試験と同様におすすめなのが、IPA応用情報処理技術者試験です。こちらは業務経験をある程度積んでいてIT技術についてより深い知識がある人が対象となる試験なので、合格するとシステム設計や開発、運用に関連する知識を十分に有しつつ、経営に関する外部の環境をも把握しながら情報戦力を策定できることを証明することができます。

さらに、ネットワークスペシャリスト試験と呼ばれる試験は経済産業省によって情報技術者試験の国家試験に区分されています。ネットワーク関連の試験では、日本の中で実施されている試験の中でも最難関レベルとされているため、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験と順を追って受験するのが一般的です。経験重視の企業であっても、将来的に独立した場合には資格が非常に役立つものです。どのような案件に携わりキャリアを積んでいきたいのか、どの資格が有効に働くのかなど「ITエンジニア資格info」を参考に考えてみてはいかがでしょうか。

Write a Reply or Comment

Your email address will not be published.