エンジニアのおすすめ資格やスキル

IT系の技術者とは切っても切り離せないものが資格取得です。自らの技術者としての価値を高めるために、上位資格の取得に励むエンジニアが数多くいます。しかし、最上位の資格を保有していても、全く実機を触ったことがなかったり、一度も実務で使ったことがないという人もまた数多くいるのが現状です。

特に転職時に有利になるためにこういった資格を取得し、結果としてペーパードライバー状態になってしまう人が後を絶たないのがこの業界の特徴でもあります。本来、ITエンジニアにとって資格とは、自らの技量を対外的に示し具体的に「これが出来ます」と示すものです。残念ながら、そういった指標として有効に働く資格が存在しないのがこの業界の実態です。しかし、IT系のエンジニアは常に自己研鑽して最新技術に精通し、いつでも使えるようにしておかなくてはなりません。その基礎力の照明として、国家資格である情報処理技術者資格やベンダー系の資格などを有効活用することが考えられます。

つまりこの資格を勉強の「ものさし」として使うのです。雑誌などでもてはやされている「おすすめ資格」を持っていたからと言ってそれに相当する技術があることは保証できないのですが、これらを自己研鑽のマイルストーンとして受験するのです。メーカー系のSi企業であれば、社内での技量を認定する独自の資格試験もあることでしょう。こういった資格試験の受験を、自己研鑽の目標として利用するのが賢い技術者としてのスキルの磨き方と言えるでしょう。

Write a Reply or Comment

Your email address will not be published.